シラグラの副作用とも上手に付き合おう

副作用と聞くと怖かったりもしますが、しかし勃起をさせるためには薬の服用は仕方ありません。飲むからにはきちんと副作用についても知っておくことも必要なのです。

シラグラの副作用とは
そもそもこの薬はバイアグラのジェネリックとして開発されました。開発元は、インドの会社です。その成分もバイアグラと似ています。それによって効果もバイアグラのように勃起をさせる効果を発揮しているのです。

そのような背景もあり、薬の成分もにていることから、実は副作用も似ているのです。
よくある副作用としては顔が赤くなるといったほてりがあげられます。さらに目の充血もよく起こりやすいです。そして、頭痛や動悸、鼻づまり、胃痛、消化不良などが起こるようです。副作用といっても他にもありますが、こうした副作用は必ず起こるものではありません。まだ誰しもがに副作用はあるとも限らないのです。つまりは個人の体質にも左右されます。他の男性には体質にあうと、副作用もなく使えますが、別の男性だと頭痛が出るなんてことにならのです。また人によっては強く出てしまい、服用を止めるまでにいたったこともあります。出る、出ない、程度の差など人それぞれによって大きく異なるのです。

副作用と上手に付き合おう
そんな副作用ですが、やはり勃起を治したいのであれば、つきあいかたも考えましょう。まず、最初に利用したての頃は特に出やすい時期でもあります。確かな早く勃起の効果を出したいと気持ちもはやりますが、まずは少な目の量で服用しましょう。その結果副作用がつけよれば、他の薬へと変更したください。
副作用が出なかったり、弱ければまずはその量で様子を見ます。それから量を元に戻して使います。また同じように副作用が強ければ、別に変えるのです。まずは徐々に体を慣らしてから、使うのを続けましょう。副作用がでているのも普通は効いている3~6時間です。それ以上副作用が続くようでしたら、他のED治療薬へと変えるようにしましょう。また、時には病院やクリニックへ行き、副作用の相談をしましょう。もちろん副作用が強いときには、この薬は飲むのを止めることが先決です。

ED治療薬もいろいろとあり、製法も違うので副作用が変わることもあります。自分にあった薬をみつけることは、体を守ることにも繋がっていくのです。